森林浴のできる家とは 自然素材の仕上材 作品紹介 展示場の案内 会社概要
家づくりセミナー 環境省エネ設備 耐震耐久構造 間取りの提案 パートナー募集
トップページ | 資料請求 | お問合わせ |
高齢期になったときでも自分で自分を守れる家づくり
 どんなに若い人でも必ず老後は訪れます。それでは家づくりにおいて老後対策はできていますか? 
 おそらくこれらの対策は先送りして、目の前の問題を優先してしまうのではないでしょうか。
 40歳で家を建てると30年後は70歳になっています。子供たちは独立して夫婦二人だけの生活が予想できます。少子高齢化と親側の子離れによって元気なうちは別居をして気ままに余生を送りたいと思うものです。
 しかし、今後年金問題をはじめ、予期せぬ天変地異も想定されるでしょう。この様な中、家つくりだけでも「一生住める」を最優先すべきでしょう。
住み慣れた我が家で生涯生活でき、人の手を煩わせずに一生住める家を考えましょう。
高齢になっても人間としての尊厳を維持できる工夫
 現在日本人の平均寿命は、世界一を誇っていますが、その内容は日本人の80%は病院で一生を終えています。ただ生かされているだけの高齢者医療だけではなく、人間としての尊厳を維持しながら生きられることが絶対必要です。誰しも自分の家で人生の最期を家族と共に過ごしたいものです。
トイレは近からず、遠からずが、ベスト!!
 我々が生きるためには食物摂取を行います。そして、生態には必ず排泄行為が伴うのです。「排泄の快楽」は誰しも理解しているのではないでしょうか。もし健常者が寝たままの姿勢で排泄しようとしたら、想像しただけでも…
 高齢者になった時、この様なオムツでの生活で身動きできないとしたら? 家つくりでは、ここまで考えた設計を形にしなければなりません。
 歳を取っても老後自己防衛しながら一生住める家であれば、住みなれた我が家での暮らしが叶います。現状の介護施設や高齢者専用病院は決して満足できるものとは言えないと思います。30〜40歳代の世代でも必ず高齢期が訪れます。家つくりの原点はここにあります。
 足腰が弱くなった高齢者がわずかな距離でもトイレへ移動するには、必ず介助が必要となります。
 これができないために高齢者介護施設や老人専用病院へ行くことになります。
 しかし、腕の力が少し残っている93歳の高齢者が、1年余の寝たきり介護から、僅か20日間のリハビリで、自力でトイレに行ける奇跡が起こりました!
寝室に水洗トイレを
 寝室に簡単に水洗トイレが付けられれば老後自己防衛しながら一生住める家になります。
 たとえば、盲腸で入院した人は、手術後身体が動けないとき食事を運んでもらうことになんの抵抗感もありませんが、トイレには、多少傷口が痛くても我慢をしてトイレまで行くのではないでしょうか。
 人間が生きていくためには物を食べます。そして食事をすると必ず排泄行為がともなってきます。
 いずれ年をとって身体の自由がきかなくなった時のことを想像して下さい。老人ホームや病院では、介護の手間を省くため、すぐにオムツをあてがってしまうそうです。これは人間としての尊厳を失うばかりか屈辱の何ものでもありません。
 北辰住宅技研が提案している「老後自己防衛しながら一生住める家」は、もし身体が不自由になっても介護用ベッドの隣に簡単に水洗トイレが設置できるように配慮しています。
外出は車椅子で
 「バリアフリーの規格・基準は少しおかしい?!」
 たとえば、トイレのドアの幅を車椅子が通れる寸法にとありますが、トイレ自体の面積が狭いため、車椅子でトイレに入れたとしても身動きが取れなくなるのが現状です。
 また、車椅子のまま台所仕事をするのにも少々無理があるのではないでしょうか。
 日本の住宅は室内と屋外の区別がはっきりしていて、玄関で靴を脱ぐ習慣になっています。『家の中での生活は、手すりや歩行補助器具を利用したり、床をはって行動し、外出時は車椅子を利用する方が利にかなっています』
 高齢者に対してほとんどの日本人が危ないからなるべく動かないようと考えがちですが、それは大きな間違いです。家の中で手すりにつかまったり全身を使って移動することが大事な筋力トレーニングとなり「寝たきり」にならない予防の一つです。
ヒートショック対策
 暖房の効いた部屋から、寒いトイレや浴室への移動は、高齢者の身体には危険そのものです。
 浴室で冬季にヒートショックで亡くなる人が2万人を超えています。これは、温熱環境の不備であり、事前に防止できる問題のひとつであると思います。
 現在まで元気で、自分に限ってはまったく健康に問題ないと思っている人がほとんどだと思いますが、冬の温度差には充分注意すべきでしょう。
 このヒートショックには、もうひとつ隠された深刻な問題があるのです。2万余人の亡くなられた方は、大変お気の毒ですが、一命を取り留めて身体に障害を残した人たちは、本人はもちろんの事、家族全体に精神的・体力的・金銭的負担が重くのしかかってくるのです。今まで元気で働いていた人が、ある日突然と倒れるということがないとはいえません。
 予防対策にトイレ、浴室、脱衣所の温熱環境や廊下と居室の動線に考慮しましょう。
トップページに戻る | 森林浴のできる家のトップへ

空冷式省エネルーフ
耐震気密エアパネル
ドライピット基礎
エコロジーウインドウ
無垢材・自然素材
快適温水式床暖房
空気の6つの特性
100年以上住める家
夏対策・寒さ対策
老後安心して住める家
小さな坪数で大きく使う
地震に強い家
本の紹介
マスコミ掲載
リンク集
家づくりQ&A
北辰住宅技研株式会社 | 資料請求 | お問合わせ
Copyright (C) 2005 Hokushin. All Rights Reserved.