森林浴のできる家とは 自然素材の仕上材 作品紹介 展示場の案内 Blog 会社概要
家づくりセミナー 環境省エネ設備 耐震耐久構造 間取りの提案 お客様の声 パートナー募集
トップページ | 資料請求 | お問合わせ |
 ホテル家族や、ワンルームマンション型家族の生活スタイルが、日本人の家族の絆を弱めて、やがては家庭崩壊へと進んで行きつつあります。
 日本の社会において、なぜ家族の絆が弱くなったのか。その一つに経済の高度成長による、豊かさに原因があると考えられます。日本全体が貧しいときは、家族の一人一人が助け合って、より強い家族の絆を持ち続けていました。しかし、戦後アメリカ文化の流入や住宅の洋風化(間取りの洋風化)が、大きな影響を与えているのではないでしょうか。この間取りの変化の過程から生まれた、この一人一部屋という和洋折衷型の間取りが、家族の絆を壊す一因ともいえます。
 マイホームを設計するとき、家族が一人増えれば一部屋増やし、6畳よりは8畳あるいは、10畳にするといった間取りを考えることになると思います。
 広くてきれいな子供部屋や寝室より、大きなリビングでいつも家族が集まれる設計から、取り組んでみましょう。
家族の絆が強くなる間取りのポイント
.家族が自然と集まれるリビング。居間は家族がいつでも一緒にいられるように、大きく作ります。居間の吹抜けは空間を大きく見せます。小さな家でも居間だけは大きくとるのが原則です。
.リビングダイニング一体型が理想的。居間が洋風化して、畳からフローリングへ移行しましたが、日本人の生活スタイルの原点は居間です。                                       食事をしてくつろいで家族が集まり、親しい友人もLDに招きます。
.キッチンはセミオープン型がベスト。
使ってみて初めて理解できる理想のキッチンの条件。
(1)流しもとの散らかりが、居間や食堂から見えない工夫をする。
(2)キッチンから出る騒音が、居間に直接伝わらないようにする。
(3)台所から発生する臭いや煙が他に出にくい工夫をする。
.収納は1階にあると片付け上手になります。
納戸・勝手口を兼ねた食品庫、そして大きめのクローゼットを、1階に設置します。
納戸は2階にだけ、1階はLDK、水回りと部屋だけで収納がないという設計がありますが、収納がない部
屋では散らかり放題の家になるのではないでしょうか?
.階段はリビングに取り付けると、家族の絆が強くなります。リビングを吹き抜けにして
階段をつける設計が増えてきましたが、この設計をする時は必ず温水式床暖房設置を考慮しておかないと、冬の暖房期間に維持費や快適性について、問題が起きるでしょう。
.玄関と客間を一体化すると、相互にメリットがあります。玄関及び玄関ホール・廊下と客間を一体化すると玄関も広く感じると同時に、客間も板の間の部屋に、畳コーナーある感じで広く使えます。                                玄関ホール+廊下+和室の広さを相互利用すれば、玄関は明るく豪華に、4.5畳の客間でも充分広さと機能を発揮します。
.トイレのポイントは広さと、清潔さと、冬暖かい設備がなければならなりません。車椅子が入れるドア幅を確保しても、トイレの中が狭ければ身動きできません。              トイレは床暖房で快適な温熱環境を手に入れましょう。
ユニットバスは、自然素材を中心につくられた物を選ぶべきです。壁と天井はサワラもしくはヒノキで仕上ると浴室の空気環境が全く違ってきます。                      浴槽はステンレス、床は磁器タイルで仕上げ、床暖房にすると冬季に起き易いヒートショックを未然に防ぐことができます。
.寝室はなるべく小さくして、余った分収納を増やしましょう。阪神大震災の死亡者の半数以上が「家具の下敷き」が原因と言われています。                            小さな寝室や子供部屋は構造的にも強くなり不意の災害にも対応できます。睡眠のために特に必要なものは、広さでなく空気の質です。
10.子供部屋は、家族の騒音に邪魔されずに集中して勉強できるスペースがあればいいでしょう。                室内を桐板とわら漆喰、杉材の天井で仕上ると森林に近い空気環境が生まれ、脳細胞が活性化して精神安定効果が生まれます。本当に子供部屋が必要なのは中学3年間と高校3年間の合わせて6年間です。
トップページに戻る | 森林浴のできる家のトップへ

空冷式省エネルーフ
耐震気密エアパネル
ドライピット基礎
エコロジーウインドウ
無垢材・自然素材
快適温水式床暖房
空気の6つの特性
100年以上住める家
夏対策・寒さ対策
老後安心して住める家
家族の絆が強くなる間取り
地震に強い家
本の紹介
マスコミ掲載
リンク集
家づくりQ&A
北辰住宅技研株式会社 | 資料請求 | お問合わせ
Copyright (C) 2005 Hokushin. All Rights Reserved.