森林浴のできる家とは 自然素材の仕上材 作品紹介 展示場の案内 Blog 会社概要
家づくりセミナー 環境省エネ設備 耐震耐久構造 間取りの提案 お客様の声 パートナー募集
トップページ | 資料請求 | お問合わせ |
 温熱環境の快適性を追求したあまり、自然環境に対し、かつてないほど負荷がかかっています。
 利便性や経済性が日常生活の中で巨大化すればするほど、大気汚染を進行させています。
 エネルギー消費の結果から生まれる排気ガスをこれ以上空気中に押し込むのは無理ではないでしょうか。
 炭素と酸素消費を最小限に済ます感覚と自覚が 何より大切であり、緊急課題です。
 日本の寒さは1年の半分以上を占め、関東地方平野部でも、暖房する期間は11月から4月まで、約半年間あります。家をつくるにあたって寒さ対策は必須条件です。
□■
空冷式省エネルーフ
 シンプルな屋根構造から生まれる「空冷式省エネルーフ」の大きな特徴は、夏季の冷却性能を発揮し、エアコンの使用率を大幅に下げることです。
 夏涼しく・冬暖かく+耐久性やメンテナンスも考えた地球と家計に優しい工夫をしました。
■□
エコロジーウインドウ
  1 空気の断熱防音効果を利用した二重構造
  2 通風性を重視した位置に設計
  3 採光性を考慮した大きな窓を選定

 エコウインドウは、空気の断熱能力と、さらに保温特性を最大限生かした窓です。
 アルミサッシと木製ガラス戸の間に75〜90oの空気層が保温能力を最大限に発揮してくれます。
□■
超省エネ床暖房
 床暖房の室内温度は、床に直接座った場合、16℃程度あれば快適に過ごせます。
 床暖房は床を直接暖めて、それから輻射熱で空気を暖めるため、室内空気は温度差がなく対流が起きません。
 室内の温度を今より3℃下げると20パーセントの省エネになります。
トップページに戻る
 耐震耐久構造
ドライピット基礎
耐震気密エアパネル
 環境省エネ設備 
空冷式省エネルーフ
エコロジーウインドウ
超省エネ床暖房
 自然素材の仕上材
ブレスフロア
ヘルシーウォール
フィトンチッドシーリング
ツーキーウォール
北辰住宅技研株式会社 | 資料請求 | お問合わせ
Copyright (C) 2005 Hokushin. All Rights Reserved.